2018年06月21日 (木) | Edit |


海なし県に生まれ住んでるせいか、普段から海には馴染みがない。あまり行きたいとも思わない。
滋賀で「うみ」と言うとびわ湖の事を指してる場合も多いし。

だから海の作品ってあまりないのだけど、何年かに一度くらいは海が見たくなる事がある。そんな時に作っているのかも。

すぐ近くと言うよりは、遠目に海。
そんなカフェでまったりしたい気分です。
2018年04月30日 (月) | Edit |


普段からあまり庭の手入れをしていなくて、さらに昨年の家族の病気で庭を手入れするどころじゃない生活になり、荒れ放題だった我が家の庭。
梅も椿も山椒も柚子もあれもこれも、伸び放題に伸びて庭が密林のようだった(^^;;

見かねて先月に友人達が少し手入れをしてくれたけど、まだまだ荒れ庭状態でした。

そこにやって来たのが、スーパー田舎のおっちゃんズ。
人づてに荒れ庭で困ってるのを聞きつけて、庭の整理を申し出てくださった。しかも「好きでやるんやから」と、ボランティア。
今の家に引っ越す前は、工房が町営のアトリエ村の中にあった。その時お世話になった役場のおっちゃんで、最近はあまり出会わなかったけど、あの頃は時々一緒にバーベキューなんかやったな~。いわば飲み友達(^^)

その役場のおっちゃんが友達連れて来てくれました。軽トラから草刈り機、掃除道具、ノコギリやらナタ、脚立まで自前。
決して園芸屋さんではないのだけど、仕事の関係で庭木の剪定教室の手伝いやってるそうで、もうプロの庭師さんにしか見えない(^^)かっこいいぞ!おっちゃんズ。

途中から、先日庭の手入れしてくれた友人もたまたま遊びに来てくれて(こちらも道具持参で。どんだけ頼りないねん、ワタシ(^^;;)、三馬力になりました。

午後にはあっという間にきれいな庭に(^^)
手水鉢に溜まってた雨水もきれいに入れ替えてもらってピカピカ。
梅だけはまだ枝が残っているけど、実が付いててもったいないので、収穫してからきれいにしてあげるね、と。これまた優しいお言葉で。
出た枝葉ゴミ、軽トラ山盛り2台分。おっちゃんズが持ち山に廃棄してきてくれて、ゴミも全く残らず。

もう、ありがたすぎて言葉が出ません。
ひたすら感謝です。ありがとうおっちゃんズ!

ふと思ったよ。
人のために、こんなに親切にできるのってすごい。
私にはそれができてるかしら、、、

まだまだ修行が足りませんな~(^^;;
おっちゃんズを見習わなければ。
ああいうかっこいい人になりたいぜ。

感謝!
2018年04月06日 (金) | Edit |


今年は庭のホンシャクナゲがたくさん咲きました。この家に越してきた時に鉢から庭に降ろしたもの。環境が合ったとみえてかなり大きな株に育っています。

一昨日は午後から友人一行が賑やかに来てくれた。みなさん何かしらモノを作っている仲間です。
彼らは家族が病院にいる頃から定期的に来てくれるありがたい友達なのですが、一昨日は来るなりみんなで庭に出て、庭の掃除をはじめてくれた。

前回来た時に、草ボウボウの我が家の庭を見て、気になってたんだって。道具持参で草をむしり、余分な枝を落とし、、、黙々と働いてくださった。

20坪ないくらい(と思う)の小さな庭なんだけど、先住者の趣味でかなり凝った庭になっています。
枯山水の石庭。水の無い川には橋もかかり、灯篭もいくつか。私の背丈ほどの巨石も並んでます。
四季の花々もいろいろ。
ただ、去年の夏以降全く手入れする余裕もなく、まるでジャングルのようだったうちの庭(^^;;、、介護と仕事で手がいっぱいで、流石にそこまで手が回りません。
ほっとくのはもったいないよ~と、2時間ほどみんなで頑張ってくれたので、つる草に埋もれた灯篭や手水鉢も発掘され(笑)すっかりスッキリしました。
庭以外の敷地部分はまだ草だらけだけど、一部でも綺麗になって嬉しい~(^^) こんなに気持ちがいいとは!

また来るね~と言い残して、友人達は颯爽と帰って行きました。
うーん。なんてありがたいのだろう。
気持ちのよい庭をひとり眺めて、しみじみ友のありがたさを思う日になりました。感謝。
2018年01月31日 (水) | Edit |


うちの地域は未だに夜回りの習慣がある。
11日にいっぺん、この夜回り当番が回ってくる。
拍子木を首から下げて、チョンチョンと叩きながらご町内を一周する。

今日は我が家の当番だった。
欠けはじめた月(月食)を眺めながらゆっくりまわる。
空気は冷たいけれど、シンとした真っ暗な町内を歩くのはちょっと面白い。

拍子木を叩くのにはちょっとしたコツがある。
けっこう硬くて重い木だ。これをがっちり握ってガンとやると、しょぼくれた音しか出ない。力いっぱいやってもダメだ。
軽く、遊びをもたせて握って、拍子木の面と面ときれいに合うようにぶつける。うまくゆくとカーンと澄んだきれいな音になる。その音が闇の中に飛んで行って、向こうにある家にぶつかって跳ね返って戻ってくるのも面白い。雪の日、雨の日はまた音が違って聞こえる。
灯の点いている家の横ではカーンと響かせ、もう寝てそうな家の横を歩く時は印ばかりに鳴らして通る。

面倒と言えば面倒なんだけど、昼間とは違う家々の景色を見るのはなかなかに面白い。
毎日だと大変だろうけど、11日にいっぺんというのも程よいところなのかも。

今日もなかなかに、いい音が出せました。チョンチョン。
2017年12月31日 (日) | Edit |


2017年が去ろうとしていますね。
今年はなんて年だったんだろう。なんだか両極端な。

前半は、昨年からひき続き仕事の面で充実した年だったと思う。面白い場所や会場全部使っての個展など。出会いもたくさんあった。

後半は、激変。
家族が病に倒れ、今まで遠い世界の事のように思っていた介護という現実がやってきた。
、、いやいや、親の介護もそう遠くないなぁと、そろそろ考えてはいたけれども、親よりも自分の夫の介護が先に来るとは、、、ですよ。
感情はジェットコースターのように上がったり下がったり(^^;; 明日のことも読めない毎日にイラついたり悲しくなったり、小さなことでも大きな希望と喜びにつながったり。
また、たくさんの学びと感謝があった半年間でもありました。

2018はどんな年になるかなぁ。

願わくば、おだやかに、にこにこと笑って行きたいものです。
それもこれも自分次第。きっと自分次第。
うん、だったらきっと笑って歩いてやるぞ2018。
どんとかかって来いなのだ。

ということで2018年も楽しくまいりたいと思います。
みなさんも、どうぞよいお年をお迎えください(^^)