FC2ブログ
2009年05月06日 (水) | Edit |
0956.jpg

先日の個展の時に、行きの新幹線の中で食べた駅弁。米原駅の釜飯です。

JR米原駅の駅弁はとっても美味しいものが多いのです。一番好きなのが「湖北のおはなし」日記にも何度も登場しています。湖北(滋賀北部)の名産品を集めて素朴に料理したものですが、田舎のおよばれ的な内容ですごく美味しいのです。
今回もそれを買おうかな~と思って、ホームの駅弁屋さんに行ったら「今、釜飯が蒸したての熱々やで~」と売り子のおばちゃんに言われまして、思わずそれを買ってしまいました(笑)
駅弁の工場は駅のすぐ近くにあるんですよ。だから正真正銘のできたて♪ これは買わなくちゃね。

蓋を取ったらまだほわ~っと湯気が出てました。
…まだ11時になってなかったんだけど、待ちきれなくて食べました(笑)
ご飯は多分季節によって変わるのでしょうけど、今回はタケノコと油揚げの炊き込みご飯。ご飯も上に乗っているおかずもけっこうあっさりめで、さくさく食べられました。
有名な峠の釜飯なんかだともっと濃い味なので、やっぱり滋賀の味は京都風なのかなぁ。
美味しい駅弁食べて、きれいな景色を見ながら(この日は快晴♪)の新幹線の旅。仕事ではありましたが、なかなか楽しい時間でございました。


駅弁っていいよねぇ(^.^)