2015年04月26日 (日) | Edit |


切り絵作品を額装した。
だいたいいつも自分で額入れは行っています。
はじめから額ありきの時は、その大きさに合わせて作品を作ることもありますが、先に作品を作った場合はそれに合った額とマットを購入して、合わせて入れています。

その時に役立つのがこのテープ。
楮和紙でできた額装用のテープです。
和紙なので伸びがよくて、薄くてとっても使いやすい(^^)
セロテープなんかだとダメなんですよ、何年か経つと剥がれたり、その部分の色が変わってしまって。
4年くらい前に名古屋の紙専門店でこれを見つける前は、なるだけ額の大きさに合わせるとか、自分で和紙を糊付けしたり、苦労してました(^_^;)
貼った時は柔らかく、貼り直しも簡単なんですが、時間が経つと接着力が強くなるので頼もしいお道具になってます。

こういう道具とも出会いだね。
2015年04月24日 (金) | Edit |


軽井沢追分にあるギャラリー猫町さんで、明日25日からリトグラフコレクション2015が開催されます。DMもアップしましたので、詳細はそちらをご覧ください(^^)
普段は焼き物や立体、絵などの作家たちが、リトグラフ作家さんのご協力のもと、リトグラフ作品の制作にチャレンジしました。私も初めての体験です。
私は2点作品を作らせていただきました。
猫が2匹並んでいるバッグには星の王子さまの一節を切り絵で入れてみました。リトグラフ+切り絵のコラボ作品になっています。
もう一枚は飼い主の人間たちが寝静まる夜中に飼い猫たちが何かをしている街並みです。これは猫を後で書き加えていますので、今は大人しめな猫たちになってますが、そのうちやんちゃなのとか飼い猫さんとかも描いてみたいな。
リトグラフは版画なので枚数作れるそうですが、私の作品はどちらも8枚限定の作品です。
全体図はぜひ会場でご覧になってくださいね(^^)








2015年04月12日 (日) | Edit |


金曜日の話です。
殿さま研修遠足中のお昼。自宅でランチを食べ終わって、さてさて仕事に戻るか、と思った頃「ひゃ~」となる事が起こった。

一週間ほど前から、ナギさんが土間のある一角を気にしていたので、また何かいるのかなぁ嫌だなぁと思っていた。
過去にもムカデやらネズミやら、イタチやカニが侵入したことがあったので。
今の家と違って昔ながらの田舎家なので床下なんて外と同じ、スキマから色々なものが入ってくるのです。

で、ランチ終わり。
またまた土間の一角を見張っていたナギさんが、ドンと音をたてて飛び上がるやいなや、急に家の中をぐるぐる走り出した。
「やったか・・・(ーー;)」
と思って見に行くと、咥えてました。口に7~8cmのちゅー太郎。ぎゃー(T_T)
ものすごいハイテンションで走り回っている。

これがヤモリとかスズメだったらこっちも必死で保護するんだけど、、、ごめんよ、ちゅー太郎は苦手だ。
それにもう一発で仕留めたようで・・・
ナギさんが落ち着くのを待つ間に、とりあえずビニール袋と火バサミとゴム手袋準備。あと、テッシュとアルコール消毒スプレー・・・

10分ほどして、戸の隙間からそっとのぞくと、ナギと目が合う。咥えていない。
「ナギ」と呼ぶとやってきたので、とりあえずナギさんはキッチンに閉じ込めて入れ替わりに部屋に入り、そこに横たわっていたちゅー太郎に「ごめんよごめんよ」と呟きながら袋に入れて外に出し、床を掃除。
幸いにも、ナギさんはスプラッターにしない性質なので、それは助かる。
雨が降っていたけど、庭の隅っこを掘ってちゅー太郎を自然に還した。

ナギさんはほんとに狩猟が上手だと思う。
もしもノラのままだったら、狩り上手な肝っ玉母ちゃんになってただろうな。
普段は野性味など感じないイエネコだけど、やっぱり本能って残っているんだなぁ。


その後、ナギさんはちゅー太郎を探した。
『ウチが捕ったアレ、おらへんねん』って顔をしてこちらを見るので
「ナギちゃんえらかったなー。すごいなー。あれ、母ちゃんがもろたわ。ありがとなー」
ってほめたらとても満足そうな顔をしておやつを食べに行って、それから寝ちゃった。
ほめてもらって満足したのかな。猫も得意げな顔ってするもんなんだな。

願わくば、もう入ってこないで欲しいのだけど。
2015年04月11日 (土) | Edit |
昨日は殿さまがお出かけだった。講師に行っている陶芸教室の研修遠足。
毎年やきものの窯元などを訪れているようです。
バス遠足なので、集合場所まで送っていく。



安土城跡の桜です。満開も過ぎ、そろそろ散り始めるのかな。
陶芸教室が安土城のすぐウラなので、毎年ここの桜を眺めています。本数は少ないけど、見事な樹が多いのよね。



安土城跡への登り口。
その時代は、この山の上にどーんと大きな天守がそびえていたのでしょうね。
信長は眼下に琵琶湖を眺め、何を思ったのでしょう。


そういえば暮れに、自称信長の子孫というなかなか不思議なおじいさんに出会った。
名古屋のイベント会場にやってきた彼は、ちょんまげを結い戦国武将のような格好をしていた。
でもビトンのバッグや先のとがったブーツを履いていたけどね。
「わしの自宅はここじゃ」と見せてくれた写真が、↑の写真の風景に御殿を合成したような写真。
「安土城」だとおっしゃる。今も「家来」が何百人といて、この御殿に住んでいるという。

目の前で話を聞いてる切り絵作家が、まさか安土のお膝元の人間だとは分からないよね。
あまりに本物らしくおっしゃるので、それらしく聞いておきました。
実際にそんな御殿はないけどね。ふふふ


2015年04月10日 (金) | Edit |
猫切り絵展
4月20日~28日(22日定休)
シャントンdeミュー(東京・銀座)

myuDM2015kirie.jpg

一昨年、日本最初の猫専門画廊としての、30年の歴史を閉じたボザール・ミューさん。
私も何度か企画展に参加させていただいたことがある画廊でした。
オーナーさんがご高齢ということで惜しまれつつも店を閉じられたのですが、その後を有志の作家さんたちで継いで「シャントンdeミュー」(ミューの子供たち)という名前で画廊を続けて来られました。
今回そこで久々に参加させていただく事となったのですが、実はそのシャントンdeミューさんも7月に閉廊となってしまうそうです。残念ですね。閉廊までに一度のぞいてきたいなぁ・・・
ミューさんによく行かれた方、まだミューさんに行かれた事のなかった方、閉廊までまだ少し企画もいろいろあるようなので、この機会に消え行く銀座の名店を惜しんできてください。寂しくなっちゃうけど、心の中には残るよね、ミューさんもミューの子供たちも(^.^)

さてさて、この切り絵展も楽しそうです。
さとうみよさんの切り絵ワークショップもあるそうですからぜひお出かけになってくださいね。
DMまだ少しありますので、ご希望の方はご連絡ください

2015年04月10日 (金) | Edit |
端午の節句展
4月18日(土)~5月6日(祝) (火曜定休)
招き猫ミュージアム1Fスペース29

MMDM2015tango.jpg

毎年恒例の端午の節句展です。
今年もいろいろな作家さんたちが参加されますよ。
招き猫作品もあります。
私もちょこっと参加します
2015年04月09日 (木) | Edit |


一昨日、作家仲間+αで恒例の京都花見に行ってきました。
お天気が微妙だったので、ちょっと見てお店に入ってランチでもいいかって考えていたら、お仲間が素敵な場所をキープしてくれました(^^)

京都、金閣寺の近くにある平野神社。
ここは桜の種類が多い事で有名で雑誌などにもよく出てきますが、交通の便が良くないので行った事なかったの。それに、こんな場所があるなんて知らなかったー
参道脇にある茶店の前に、簡単な床と透明トタン屋根の貸し宴席。もちろん有料ですが、お店によっては持ち込みもOKで時間もゆっくり使えます。ゴミの後始末にも困らない(^^)

ちょっと寒かったけど、桜も終わり際だったけど、逆に風情があるというか、、、
ピークでお天気が良ければそれだけ人も多くてやかましいかもねぇ(^_^;)
静かにゆっくりおしゃべりするにはいい時間でした♪
デパ地下で美味しいものやワインを買ってね、お仲間が超美味しいデップソースやフルーツのデザートを持ってきてくれたりしてね、寒いけど茶店から生ビール出前してもらったりしてね(笑)
あっという間の数時間でしたよ。

こんな場所を貸してくださった神さまには申し訳ないことに、お参りするのをすっかり忘れましたけど…(^_^;)

時折舞い散る桜の花びらを眺めながら、また来年、この仲間たちと楽しく花を見れたらいいなと思った春の夕暮れ。
みんな、ありがとね。

いい日になりました。

…………………………………………………………………………


しばらく記事を書いてなかったら広告ついちゃってた(^_^;)
ちょっと面倒なことがあってブログ離脱気味でしたが、いろいろやってみたりして落ち着いてもう少し書けるようになったかな。