2015年05月31日 (日) | Edit |
むかしむかーし、江戸の末ごろから経典としてお寺に置かれて大事に扱われてきた本がありました。
時代を経て平成の代になった頃にそのお役目を解かれます。本来なら、供養されて処分されてしまう事も多いのでしょう。
しかしたまたまその場に出会った研究者の人がある事を考え付きます。

「昔の紙なら、質のいい日本の材料でできているに違いない。これはぜひ再生してみたい」

ということで、研究者はその経典を引き取り、水にさらし、細かくちぎってある人の下に届けました。それが、近江雁皮紙の匠だったのです。雁皮(がんぴ)紙は古文書などの修復にも使われ、永久保存に耐えられるくらい強靭と言われている紙です。その職人さんのもと、経典だった紙は素朴な色合いの美しい和紙へと生まれ変わったのです。

20150531kami.jpg

できた紙は2~30枚と聞いた記憶があります。この世にぜったい売ってない紙です。
研究者は、できればこの紙を生かせることのできる人に使ってほしいと、県内外で活躍されてた書家や画家などに寄贈されました。
幸せなことに、その研究者のおばちゃんとはとっても仲良しだった私にも何枚か分けていただいたんです。
まだまだ作家になりたての頃だったので、嬉しかったけど、気軽に使えないこの紙・・・プレッシャーも大きかったなぁ(^_^;)

それがもう十数年前の話です。
その後、その紙はしばらく寝かせて、10年ほど前に初めて作った曼陀羅に使いました。
いや、切るのにとっても緊張したのを思い出します。
あの曼陀羅は、私の作家生活においてもとってもターニングポイントになる作品で、今でも思い入れがとてもあります。

それから10年・・・
久々にその紙を使ってみることにしました。作家生活20周年記念の個展で、やっぱり今の自分を注ぎ込むような作品を作ってみたいと思ったからです。

紙を墨でそめあげ、下絵を描いて、5月に入ってから少しずつ準備はしてきましたが、イベントなどが続き間に合うのか自分でもハラハラしました(^_^;)
こんなに大きい作品はほんとうに久しぶりに作ります。10年前より時間も体力もありません(笑)

しかし、今日やっと完成しました~♪
いや~、苦労しました。

20150531mandara.jpg

20周年にちなんで、20の仏様が一同に会したオリジナルの曼陀羅です。東西南北や火や水を司る仏様など風水も考えて自分なりに配置してみました。中央は大日如来。
詳しい説明とともに猫町個展で展示しますので、ぜひこの廿猫曼陀羅に会いに来てください。

2015年05月21日 (木) | Edit |
dm2015nekomachi.jpg

松風直美個展「きょうはあしたのむかし」
2015年6月4日~14日(8~10休廊)11~18時
ギャラリー猫町(東京・谷中)

今年の秋に、猫の切り絵を作りはじめて20年になります。
思えば遠くへ来たもんだ(笑)
自分でもこんなに長く続くものとはまったく思っていませんでした。
いろいろなご縁と応援してくださる方々のおかげで、ここまで歩いてこれたのだと思います。

今回のテーマは「時」です。今まで歩いてきた時間、時の流れ、ゆるやかだったり激流だったり(笑)
そしてこらからの時間・・・いろいろなことを考えながらいろいろな作品を作っていきたいと思います。
20周年の集大成となる作品も考えています。自分にとって特別な作品にしたい・・・

今まで作った過去作品も映像や、デジタル技術を使ってご覧頂きたいと思います。
今回はsuger-cogさんのご協力で展示会場の一室を面白いデジタルアート空間にする予定です。
ぜひ体験してみてくださいね。

20150521.jpg

私の大好きな物語「不思議の国のアリス」から
幼い頃から大好きだった「不思議なもの」が今の私を形作っているのだろうなぁと思うことあります。
大人になったアリスも幼い頃のワクワク感を忘れずに、いつまでも夢を創り出す存在であってほしいものです。
2015年05月08日 (金) | Edit |
fc2blog_20150419090345f2c.jpg

梛さんは朝寝坊な猫なので、朝食の時に起きてこなくても気にならなかった。
でもさすがにお昼すぎてもご飯も食べずに寝てるので、寝ている2階に様子を見に行ってみた。…その前に殿さまが見に行ったけど「にゃーって言って、まだ寝てるわ」というので、そんなに気になってはいなかったのだけど。

そしたらびっくり、何だかヨロヨロしているではないかΣ(゚д゚lll)
腰を落としたまま2、3歩歩いてはすとんと座る、不安そうな顔でにゃあと鳴いた。
下半身がおかしいな、足はびっこひいてないけど立つのに力が入らない様子。嗚呼、殿さまあてになんねー(ーー;)
とりあえず一階に下ろしてきてご飯をあげてみた。食欲はある。水も飲む、、お腹空いてたけど一階まで階段が降りられなかったんだね、もっと早く気づいてあげればよかった。

病院の午後の診察は4時から。それまでの2時間が長かった。時々様子を見ながら、、仕事は手につかないのでただオロオロする。殿さまは陶芸教室の講師に出かけちゃったし、一人でおろおろしたり観察したり。
午後4時の10分位前に動物病院に着いたけど、もう10人位並んでいた。ほとんどがワンコ。聞けば予防注射の時期で混んでるのかな。キャリーごと猫を抱えて待つ。私の後ろにもどんどん列。早めでよかった。病院ってストレスだもんね。

診察の結果、腰を打ったかひねったかしたようです。折れてはいない模様。先生が全身を触診して、歩き方も見て、そういう診断でした。内臓の病気などではない様子。腰を触るとピクピク痛がるので、多分そうでしょう。精密検査が必要なほどではないけれど、痛み止め注射とお薬を出してもらって、念のため数日は注意してみる事。とっても丁寧に説明してくださったので、ちょっとホッとして帰ってきました。このまま治ってくれたらいいけど。

重い病気だったらと心配しましたが、いまのところ大丈夫そう。さっさと行ってよかった。でないとずっと心配するの嫌だものね。

診察室を出るときはさらに患者さんが増えてて、早めに並んで行ってよかったー。丁度待合室で知り合いの作家さんに出会ったのだけど(可愛い三毛ちゃん連れてました)50分待ちだそうな(^_^;)

帰ってナギさんもホッとしたのかおやつを食べて寝ています。やれやれ。このまま治っておくれよ~

待ち時間とお薬を待つ間、混んでいたのでキャリーかかえて立っていたので腕がパンパンに筋肉痛。
ナギさんダイエットが必要かも。