2011年08月12日 (金) | Edit |
110812.jpg

最近は毎日午前中は粘土など、午後からはエアコン入れて切り絵など、こういうパターンで仕事しています。
あんまり暑いと切り絵ってできないのデス。切羽詰ったら朝からエアコン入れますが(^_^;)

粘土もちょびっと手が慣れてきたかも。
とりあえす久々の立体・粘土なので、今回は好きなものを好きなように作ろうと思っております。だんだんと楽しくなってきました。まだ手が遅いけどね。

手のひらにのっかるサイズの猫たちは、軽くて丈夫にしたいので、芯の部分は軽い紙粘土を使います。これより小さいものは全部普通の粘土で作りますけどね、芯入っている方が丈夫な気がする…気がするだけかもしれないけど(笑) 硬いだけより柔軟性のある芯。紙粘土って落とした衝撃には強いもんね。

で、芯を作ってその上に粘土をかぶせて成型するのですが…
画像の上2個。左が芯で右が粘土をかぶせたところ。まだ耳は付いてませんが。
下2個。左が芯で右がかぶせている途中。青いのも紙粘土です。

なんだか、この子たちを見るにつれ、わが身を見ているようで…
はじめはほっそりしてるのに、どんどんお肉がつけられく~(笑)
猫のおなかにたっぷり粘土を盛ってゆくと、皮下脂肪たっぷりの自分の腹のようで愛おしいわ。わははは。

白い、ころりんとしたニャンコが、たくさん工房に転がっています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可