2011年09月12日 (月) | Edit |
少し前のことですが、電話がかかってきて「伊勢の色紙ですけど、前もって必要?」と聞かれた。

伊勢の色紙というのは、ネコマチ商店街の会場で行うチャリティイベントのことで、初日と2日目に会場に滞在する作家たちが、色紙に絵を描いて、その色紙を買っていただいた売り上げを東日本大震災の義捐金に寄付しようという内容になっています。
お客さんが好きな作家を選んで描いてもらうという趣旨で、その場で描けばよいということだったのですが…

なのですぐ「え、別にいいよ。その場で描けばいいんでしょ?」と返事した。
そうしたら「まだ全員に電話してないけど、そう言ったの松風さんが最初だよ~」と妙にウケてしまいました。なははは
他の作家さんは「あらかじめ、ある程度描いておきたいから」と「必要」と言った人が多かったようで…

考えればそうだなぁ、私も長い間人前で絵を描いたり切り絵を作ったりしてますから、今ではまったく平気でそういう事もできるけれど、はじめのうちはなかなか慣れなくて、じーっと見られると手が止まったりしてたものねぇ。普段やってないとなかなか難しいことなのかも。
いい経験させてもらってきたんだなぁと、改めて感謝したりしております(^.^)


そんな色紙描きのために、こんなものをゲットしてみました。

110912.jpg

顔彩の絵の具パレット。絵の具はたくさん持ってますけどね、アクリル系が多いので描くたびに筆を洗いに席を外すのも大変なので、水で済んでなおかつ発色よくて乾きやすい、ということでコレ持って伊勢の会場に行きまーす。
で、なるだけリクエストにお応えして…左手招きとか、三毛猫とかトラ猫とか、こんな言葉とか…色紙に絵を描きたいと思います。復興支援につながるのでがんばって描かなきゃね♪


でも…



あんぱんまんとか言わないでね(←過去に言われたことあり。ハム太郎とか、苦笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可