2012年01月27日 (金) | Edit |
120127.jpg

寒いですね。このところ毎日ランチは温かいお汁もの。
今日は「にしん蕎麦」でした。
お蕎麦の上ににしんの甘露煮とネギが乗ったもの、これが基本で今日は菜花をトッピング♪

ところで、関西と北海道の一部以外では「にしん蕎麦」ってあまりなじみがないものなのかな?
全国的に食べられているものだと、すっかり思い込んでいましたが、先日の品川のイベントの折に年越し蕎麦の話で盛り上がりまして、「年越し蕎麦なら鴨なんばか、にしん蕎麦」って言ったら驚かれました。
で、関東の人に「年越しなら天ぷら蕎麦でしょう」って言われてさらに驚く←その感覚はまったくなかった(^_^;)
所変われば、ですね。面白いもんです。

そしてその関東の人はにしん蕎麦を知らないのでした。
「だって、煮魚を蕎麦に乗せるって感覚がわからないよ?」
…いやいや、煮魚ちゃいますねん。甘辛く煮あげた身欠きにしんの甘露煮でございます。煮魚って、なんか生臭いものを想像するやん(笑)

関西の人、特に京都寄りの人はにしんそばが大好きな人が多いと思う。
私も冬のお蕎麦で一番好きだもん。蕎麦屋に行ったら注文する確立高し♪
冬のお江戸で蕎麦屋に行かないので(お江戸ではざる蕎麦以外の蕎麦はあまり食べないです)、お江戸の蕎麦屋のメニューにあるかわかりませんが、関西の蕎麦屋でない所はないくらいの定番メニューです。

はじめはお蕎麦だけをあっさりと食べ、だんだんとにしんから染み出す味とコクで、お出汁の味も変わってゆき、にしんに絡まったお蕎麦もとっても美味しいにしん蕎麦♪
食べたかばりですが、また食べたい(笑) 
にしん蕎麦発祥と言われる、南座の横の松葉のにしん、買って来ようかなぁ~(京でないと買えまへんが)

コメント
この記事へのコメント
にしん蕎麦
関東の蕎麦やではほとんどないと思います。
こちらの方で初めてできた広島風お好み焼きのマスターが、そば入りは日本蕎麦が入っていると思われちゃう・・・と言ってましたよ。今は市民権を得たのですが30年前にはそんな感じでした。
今でもたまに行ってます(^^;)
2012/01/29(Sun) 20:57 | URL  | お面屋 #vvivuN2U[ 編集]
☆お面屋さん
やっぱり関東にはあまりないものなのですね、にしん自体を食べないのかな。
こっちでは酒の肴やごはんのおかずにもなってます。
関東でそばというと蕎麦なんですね。
広島焼きに麺が入ってますが、関西で麺入りは「モダン」です(^.^)
名前や内容も変わってきて面白いですよね。
2012/01/30(Mon) 09:44 | URL  | ねこて #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可