2012年03月21日 (水) | Edit |
120321.jpg

額の作品の額は、ほとんどの場合紙箱に入っています。
ガラスやアクリル板を使ってあるので、保護の意味でも箱に入ってる方がいいんだよね。
それに、プレゼントにしていただくのにも箱がある方が良いし。

けれどもたまに、元々箱がない状態で売っている額や、イベントに出して戻った来たら箱だけ行方不明…なんて事があります。
数が多ければ、懇意にしている紙箱屋さんにサイズを指定して作っていただくのですが、1コだけでオーダーが面倒だったり(箱は1コから作ってもらえますが、取りに行くのが面倒よね)、急ぎだったりして自分で作ることも多いのです。
今日もひとつ紙箱制作。

お裁縫なんかで、布をきちんと計ってカットするのは苦手なんだけど、何故だか紙だけは何ミリまで測ってきちっと直角出るようにカットして…なんてのが得意なのです。慣れもあると思うけど。
だから紙箱作るのは全然苦にならない。

今回のは少し大きめの箱だったので、市販の板目(板ダンボール)を二重にして、丈夫なように作りました。
紙をシャッとカットしたり、綺麗に折るのが楽しいんだよね♪
板目でボディを作り、表だけクラフト紙を貼りました。


いい気分転換にもなったな~♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可