--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月16日 (土) | Edit |
120616.jpg

昨日もちょっくら出かけてきました。
行って来たのはここ、佐川美術館

佐藤忠良展を見に行きましたが行って「あらまあ」だったのが、子供の頃によく読んだ絵本の絵を描いた人が佐藤さんだったなんて・・・驚きでございました。

ここは普段から佐藤さんの常設コーナーがあるので、私にとってもおなじみの作家さんだったのですが、これだけ一度に作品を見るのは初めて。
見ごたえもありましたし、また、こういう彫刻も作る人によって柔らかな雰囲気になるんだなぁと実感もしました。
立体って言うと、隅々まで隙のない、きっちりした「形」を作り上げる人がほとんどのように思いますが、この方の場合はそうでもなく・・・上手く言葉に書くのは難しいのですが、例えば顔の部分は軽く作ってあるのに、身体はきちんと表現している作品があったりその逆だったり。平面だとぼかして描いているようなそういう部分が立体の中にさりげなくある、というか(^_^;)
とにかく「人の手が作ったものなんだなぁ」という印象を受ける作品が多かったです。見に行けてよかったな~♪

ここは建物全体を取り囲むように浅い水路がありまして、それもとても気持ちがいいのです。
美術館の中からも時々水に出会います。
滋賀の人は琵琶湖の漣(湖面に起こる小さい波)に親しみを感じますから、この浅瀬でそういうものを表現したのかもしれませんね。

美術館のあとは、琵琶湖岸でお茶をしてお友達と別れて帰りました。
ちょこっと出かけて、ちょこっと友達と会って、ちょこっといいもの見る。
そういうことも大事にしたいですね。

コメント
この記事へのコメント
佐藤忠良さん
よく読んだ絵本って…大きなかぶかなぁ?
こちらの県立美術館では忠良さんの常設展があったはず…やってたら夏行きます?
2012/06/16(Sat) 19:03 | URL  | みゃお #-[ 編集]
☆みゃおさん
そうです、おおきなかぶ♪ なつかしかった~
そちらの県立美術館の忠良さんの作品が、こっちに来てたみたいですよ。
宮城県立美術館蔵という作品がとっても多かったです。
宮城出身というのも知りませんでした~
2012/06/17(Sun) 09:48 | URL  | ねこて #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。