2013年10月31日 (木) | Edit |
京都のイベントに行ってる間、3度もラーメン食べました(笑)
京都ラーメン・・・あっさりなイメージ持っている人が多そうですが、実はその反対で、京都のラーメンはこってりが多いです。有名な天一発祥の地だものね。

COCON烏丸の地下にある天天有。確かこれも京都のお店。



濃い目の鶏がらスープの中華そば。見た目はとんこつなんですが、鶏なんです。とろりとしたスープは濃厚でコラーゲンたっぷりって感じでした。
鶏好きなのでとっても美味しくいただきました。途中で山盛り紅生姜を加えてさっぱり系に。
ちょっとクセになりそうです。写真見たらまた食べたくなった(笑)
ただ、この器は・・・ラーメン美味しそうに見えない気がするんですけど(^_^;)




去年の宴のイベント中に、たまたま見つけたお店「にぼ二朗」です。すんごく狭い路地の奥にあるので、行列ができてなかったら絶対見逃してる(^_^;)
ここには2回行きました。近いもんで。

1回目は煮干ラーメンにぼ一朗半
一朗、一朗半、二朗…と麺の量が増えていくのです。一番多いのが三朗で300g!
一朗半が標準サイズらしいですが、極太麺で、ちょっとこれでもヘビーだった(笑)
にぼ〇朗シリーズは野菜、タレ、脂増しが自由にできます。野菜増しにするとてんこ盛りのもやしが・・・
今回は普通に食べましたが、隣のお兄さんが三朗+全部増しで、大迫力な姿になってました。わははー。あそこまで食べられたらかっこいいかも。

スープは煮干味がしっかり香ばしくて、煮干好きにはたまらんです。トッピング煮干もテーブルに置いてあります。




3回目は同じくにぼ二朗の懐かしの昭和の中華そば、お醤油味。これは細麺・・・というか普通の太さの麺です。
このときは一朗サイズにしました。
煮干スープですが、少し食べやすい、さっぱりお醤油な感じのスープでした。
ここはお塩も美味しいんだけどな、それはまた機会があれば(^.^)


京都は外国の方の観光客もすごく多いです。
全国の猫イベントに行ってますが、京都の割合がやっぱり飛びぬけて多い気がします。宴の会場にも多かった~
ぱっと見て判る白人系の方も多いですが、台湾やシンガポールの方も(^.^)シンガポールの方にはすごく気に入っていただいていっしょに記念撮影もいたしました♪
ねこての言葉は超が3つ付くくらいカタコトなのですが、宴スタップOさんはペラペラの英語を話すので、外国の方にも楽しんでいただけるイベント会場となりましたよ~。

で、2回目のにぼ二朗に入ったら・・・カウンターしかないお店なのですが、その半分を外国の方がずらり。
みなさん上手にお箸でラーメン食べておられました。なんだかとっても不思議な光景でしたよ~

京都でイベントするなら、カタコトでも英語できた方がいいなぁと思ったものでございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可