2013年11月04日 (月) | Edit |


だいぶ切れてきました(^.^)
仕上がりにはまだまだ~ですが。

昨日は久しぶりに友人夫婦が遊びに来てくれました。
のんびりおしゃべりしながらコーヒー飲んで、ゆっくりしました(^.^)こういうのもすごく久しぶり!忙しいと相手を殿さまに任せてごめんねしちゃうこともあったので・・・昨日でよかったなぁ

そこで聞いた、ねこてそっくりさん作品現る!の話。
なんだかあちらのご近所で、似たような作品作る人がいるそうで・・・お二人も、その娘さん(〇ゅらくの女将さん)も「ねこてちゃんの作品にそっくりなのを時々見るのよ」とおっしゃっていました。うーん。
とはいっても、教えてくれたご夫婦は、絵に関しては素人さん。どの程度そっくりなのか、ほんとうに似ているのか、ちょっと見てみたい気がするけれど(^_^;)

今までの経験上、いろいろな方に誰それと似てるとか、どっかにそっくりな作品があったとか・・・色々言われてきましたが、実際見ても似ていたためしなし(笑)
絵の具で描いた絵と切り絵を見比べて「同じ」って言った人もいたし・・・(-_-;)さすがにその時は「はぁ?」でしたが(笑)

似ているって、主観で判断するものだから、言葉で具体的に説明するのは難しいよね。まだプロの人に、構図の撮り方が似ているとか、色の好みが似ているって言われるのなら判る気がするけど。

・・・おーい、そっくりさんとやら、いっぺんお見かけしてみたいです~(笑)

実際に、故意に、真似っこして似ているという、あまり嬉しくパターンの場合もあるかと思いますが…
その場合も、
自分より下手なら→真似しかできないだろうし、浮かんでこないであろうから気にしない
自分より上手なら→あっという間に自分よりもすごい世界を作ってしまいそうだから気にしない

ま、世の中には自分に似た人が3人はいるといいますから、外見が似てるってことは思考ややっている事が似ている人も存在しうるわけで・・・

そういう時は・・・


ねこてが2人になるチャンスかも。引き込んでいっしょに仕事するという(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可