2015年04月11日 (土) | Edit |
昨日は殿さまがお出かけだった。講師に行っている陶芸教室の研修遠足。
毎年やきものの窯元などを訪れているようです。
バス遠足なので、集合場所まで送っていく。



安土城跡の桜です。満開も過ぎ、そろそろ散り始めるのかな。
陶芸教室が安土城のすぐウラなので、毎年ここの桜を眺めています。本数は少ないけど、見事な樹が多いのよね。



安土城跡への登り口。
その時代は、この山の上にどーんと大きな天守がそびえていたのでしょうね。
信長は眼下に琵琶湖を眺め、何を思ったのでしょう。


そういえば暮れに、自称信長の子孫というなかなか不思議なおじいさんに出会った。
名古屋のイベント会場にやってきた彼は、ちょんまげを結い戦国武将のような格好をしていた。
でもビトンのバッグや先のとがったブーツを履いていたけどね。
「わしの自宅はここじゃ」と見せてくれた写真が、↑の写真の風景に御殿を合成したような写真。
「安土城」だとおっしゃる。今も「家来」が何百人といて、この御殿に住んでいるという。

目の前で話を聞いてる切り絵作家が、まさか安土のお膝元の人間だとは分からないよね。
あまりに本物らしくおっしゃるので、それらしく聞いておきました。
実際にそんな御殿はないけどね。ふふふ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可