2017年01月13日 (金) | Edit |


横浜高島屋の2日め。今日はなごむお客さんが多かった(^^)

私の切り絵をプレゼントしてもらった事のある方がわざわざ訪ねて来てくれた。なごむ(^^)
作品をすごく喜んで見てくれた通りすがりのお姉さん。なごむ(^^)
エレベーターに乗ったら足音が聞こえて、開くのボタンを押して待ってたらおじさんが息切らして駆け込んできて、にっこり笑顔を向けてきたこと。なごむ(^^)
かっこいいお魚のバッグのお兄さん。多分聴覚障がいの方かな、身振り手振りで意思疎通。なごむ(^^)お店のお姉さんにバッグ自慢してた♪

そして高島屋に来るのが楽しみというおばあちゃん。
お守りみたいな下げるのがいいとおっしゃるので、ある作家さんの根付けを持ってきて「これはどう?」と勧めてみたり、他のグッズもお見せしてみたり。私だけじゃなくてお隣の作家さんも加わり、おばあちゃんが「目が見えづらくて」と言うと、別の作家さんが自前のルーペを持ってきて加わり(笑)、お店の店員のお姉さん方や周りの作家さんもみんなでそれを見守り、小さな根付をひとつ買ってゆかれました。それはそれは嬉しそうに(^^)なごむ~(^^)
おばあちゃん、よほど楽しかったのか、この後もゆっくり会場をご覧になり、もう一つ違うものをゲット(^^)
会場全体でおばあちゃんを見守る感じで、ヨコハマの人はあたたかいなぁと、しみじみなごんだ一日でした。

私たちは、作家として自分たちの作品を展示し販売するために会場に行ってるのですが、こういう買い物の楽しさというか喜びみたいなキラキラな時間に出会える事も多く、それが例え自分の作品じゃなくても、なんだかいい時間を共有できた事でパワーもらってるのかもね。

だからゲンバは楽しいよ(^^)
明日も楽しくがんばろう~♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可