2009年08月22日 (土) | Edit |
090822.jpg

地蔵盆ですね。
ねこての実家の方では、8月23,24日ごろにお地蔵さんにお供えをして、その供え物を子供たちに配るという程度で、そんなに大きなイベントではありませんでしたが、今住んでいるあたりではかなりな規模のお祭りとなっています。全国でもあるのかな?

在所内の各地にあるお地蔵さん(町内だけも5体ほどあります)にお飾りあげたり、供物や灯明をお供えするだけでなく、その横に大きなテントが張ってあります。そこに町内の子供たちが朝から集まってお菓子を食べたり、楽しそうに話している姿が見えたりします。子供中心のまつりなんですね。
地蔵盆が来ると「ああ秋やなぁ」と感じたりもしております。

この地蔵盆の少し前に、町内の子供たちがお供えを集めに各家を周る行事もあります。
近所の子らが何人ずつかになって各家を周るのですが、その時に「ナントカカントカ、ちょうだいな♪」みたいな言葉をフシを付けて歌ってきます。これが、何回聞いても聞き取れない言葉なんですが(笑)ちょっとハロウィンみたいですにゃ。むふふふふ。
このために地元のスーパーでは地蔵盆コーナーができて、箱入りのお菓子(ミカン箱サイズ)のピラミッドがそそり立っておりまする(笑)
そういうお菓子かお金を包んで子供たちに渡すのですが、我が家では毎年ぽち袋に500円玉(これが相場らしいです)を入れたものを用意して、その子供たちが来たら渡すことにしています。

そのぽち袋を用意しました。丁度いい袋がなかったもので、手づくりです。
袋を作って、和紙を切って団扇を作って貼ってみました。わは!楽しい。
半紙に500円包んだ程度でいいんだけどね、こういう事には凝ってしまうので困ります(笑)

今日はその地蔵盆の日。あいにくの雨なんだけど…明日は晴れるといいですねぇ。
コメント
この記事へのコメント
ほしっ。
激レアものじゃないですかあ!!
私も欲しいです!中身はいらないから(あってもいいけど)。

私の住まう地区も古式ゆかしく(?)地蔵盆は続いています。
お盆に、雨乞いっぽい行事もあるんですよ。
昔と比べては、少なくなってきましたが、地域の結びつきは深くあたたかです。
子供会の役員をやっていた頃は、『時代錯誤はなはだしい・・
なんでこんな無ダなことするかな・・・』なんて、ひそっと思ったりもしましたが、どんな行事も、神仏を大切にするものすごく
大事な行事で、こういう行事が、合理的で無駄の少ないこの時代に続けること自体にとても大きな意味があると今になって実感しました。

やめてしまえば、縮小すれば『はい!それまでヨ』の行事ですが、守り続ければ形は多少変化しながらも、何百年も脈々と受け継がれて行って、地域というものの本質となっている。そういう風習に守られた田舎の子の強さが、成長していく上でのとても大きな宝になるのかもしれませんね。
日本のあちこちで似顔絵を描く機会がありますが、ヘムスロイドで絵を描く時、つくづく子供達の目の美しさも感じます。そして心の柔軟さも。きっと、そんな昔ながらの風習に守られ、神仏やご先祖様を大切にする気持ちが、目の輝きになって心のやわらかさにつながっているんじゃないかと思います。

そしてこんな一見とても無駄に思われる行事を、親が大切に思う事が、未来の子供たちのためにいちばん大事な事だと思います。
ポチ袋、いろんな既製のかわいいものも売ってますが、
・・・・・・・・・・・・・・・・・ためて・・・・・・
これはすばらしいです~。このポチ袋に時間を割くねこてさんも。未来のたからです。
2009/08/23(Sun) 07:47 | URL  | れんくみ #-[ 編集]
☆れんくみさん
昔から袋や箱を作るのが好きなんですよ~
近所のおばあちゃんの影響かも。子供の頃に、箱に千代紙貼ってきれいにしたのとか貰ったの、大事に使ってたんだ~。
ちょっとしたものに気持ちを込めるのって素適ですよね。

こういうお祭りって面倒だと思うけど、大切だとも思います。
小さい頃に神仏を大事にする経験をするのって、大切なことだよね。ここから物や生き物を大事にする気持ちにも繋がってゆくと思うし、世代の違う子供や大人と同じことをするというのも大事だよね。この点、田舎に生まれてよかったなぁと思う事が多いですよ。
2009/08/23(Sun) 09:52 | URL  | ねこて #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可