FC2ブログ
2009年08月27日 (木) | Edit |
090827.jpg

先日の蓼科山登山の時に見かけた大きな岳樺(ダケカンバ)です。

白樺の方はよく知られていますね。白に所々黒の混じる幹で、緑や茶色が主な山の景色の中でもひときわ目立つすらっとした木です。
この白樺が標高の高い所に生える木ってイメージが強いですが、岳樺はそれよりももっと標高の高い所に生えています。
なので山登りをしていて岳樺に出会うと「けっこう高いところまで来たな」と思います。ナナカマドと並んで、登山する人になじみの深い木なんじゃないかなぁ。
樹皮が紙状になっているところなどは白樺と同じですが、幹の色は白ではなく肌色で、見つけやすい樹だと思います。

紙状になっている樹皮は脂分が強くて火も点きやすいのだとか。よくおしゃれな暖炉に白樺のイメージがありますが、見た目のきれいさだけじゃなくて実用的というのもあるんですね~。
話はずれますが、同じ高山の樹ナナカマド…7回竈にくべても燃えないくらい固い、というところからナナカマドと名前が付いたそうな。

この岳樺は大木でしたが、標高が上がるにつれ背が低くなります。そして森林限界を超えると急に樹木がなくなって、小さな花だとかハイマツのような特別な植物だけになっていきます。
標高が高くなると木が小さくなる…植物には気圧が影響してるのかなぁと思ってました(ちょっとオバカ^^;)。そうじゃなくて標高が上がると気温が下がるので、植物が生長しにくくなるということですね。
私たちがよく知っている竹や松なんかは山に行くと見ないですから、寒さが苦手の植物なんですね。ちなみに竹は北海道にないみたいです。

そういう木のあれこれを知っていると登山も楽しいですね。
コメント
この記事へのコメント
奥軽井沢
この週末の仕事先、似顔絵ですがやけに時間があるので
(つまりお店自体ものすごくヒマなのです・・つぶれないでね)
玉村豊男さんを立続けによんでます。
ほぼ十五年~二十年くらい前のエッセイばかりなんですが
現在、モノ描(小説家)きからほぼ絵描き&ヴィラデストに
転身され、あまり賑やかでない彼のいちばん賑やかな時代
といっても軽井沢からもっともっと奥の山に移る前の
エッセイ・・優しくて、静かでそれでいていたずらっこな
彼のすばらしいエッセイ、何冊よんでもあきません。
アフリカをヒッチハイクした話しから世界中の旅のはなしの
『旅人』そして『晴耕雨読ときどきワイン』『宥悠無憂』・・
あっちこっちのブックオフで100円で買いためて、まだ読めてなかった本の一部です。

ものすごくウィットにも富んでいて。すぐ浸れます。

わ!時間だ!!
イベント最後の一日。さてさて、今日は何読もう!
半分までしか読めてなかたt『アルマジロ私想禄』
これをもって玉村氏に浸った三日間は終息といたしましょう。
ああ!たのしかった、世界と信州にいっぺんに行ったかんじです。(おいおい!仕事は・・?)

2009/08/30(Sun) 07:55 | URL  | れんくみ #-[ 編集]
☆れんくみさん
ふふふふ、読んでいてニヤニヤしてしまいました。
だって私も同じような気分を遠征先で味わう事ありますもん。
そういうゆったりした場所でオシゴトするのも一興ですよね。

玉村さんのエッセイは、私も一時期はまったことがあります。
いまだにパスタを茹でる度に「深い鍋で、たくさんの湯で、一気にパスタがお湯につからないと絶対嫌だ」と書いておられたのを思い出します。だって、ウチの鍋だと4分の1くらいはみだすんだもん(笑)

好きな作家の作品にどっぷり浸る時間って貴重ですよね。
家庭から離れるから、かえってじっくり浸れるのかもしれません。
私も来月は伊勢に5日行くので(瀬戸にも行くけど、こちらは宴会で終わるかも^^;)、今から読む本決めてます♪
2009/08/30(Sun) 09:30 | URL  | ねこて #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可