2009年08月29日 (土) | Edit |
09829.jpg

時鮭といくらのセットをいただいたので、珍しく丼なんぞを作ってみました。
松風家では、夕食に丼ものはあんまり作らないかも。

時鮭(トキシラズ)は夏が旬の魚です。オホーツク沖で揚るのかな。鮭の中でもピチピチの若者だそうで、成熟した大人の鮭とは違う脂の美味しいお魚です。
これを食べるのに、丼かお茶漬けかで迷ったのだけど(笑)いくらもあったので、せっかくなので親子丼にいたしました。

一塩した焼き時鮭&いくらの丼、
ブロッコリーの明太チーズマヨネーズあえ(茹でブロッコリーにマヨネと明太、粉チーズ…そのままやん)
たたき牛蒡ごまたっぷり
高野豆腐と甘長とうがらしの炊き合わせ
稚鮎の佃煮(自家製)
きゅうりのぬか漬け(自家製)
お味噌汁はがごめ昆布(細切り)と豆腐

手間かけた料理がないやん(鮎と牛蒡は残りもん)、という突っ込みは置いといて、我が家は和食が多いですが、この日も純和風…というか田舎風ですね(笑)
殿さまが作る器は和食器がほとんどなので、何となく和食が多いのかも。

熱々の白ご飯に乗っけて食べましたが、最後の方は少し残して(やっぱり食べたくなって)、山葵と海苔をたっぷり使ってお茶漬けにしました。
うーん、脂の乗った身は、お茶漬けの方がいけるかも♪
頂き物で美味しい晩御飯でございました。にゃははは
昨日は実家に行ってきまして…日中は京都へ紙などいろいろ買出し。夕方から実家…忙しかったです。
そこで笑っちゃったことが…は、また明日書こうっと(おいっ ーー;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可