2010年03月27日 (土) | Edit |



今日は殿様と、この建物を見に行ってきました。
この建物から、国宝彦根城がよく見えます。
あと1週間もすれば、この辺りもお城の桜を見に来る人でいっぱいになると思いますが、今日はのんびりとお堀端を散歩するような方を多く見かけました。

この建物、何だと思いますか?



実はここは昭和初期に教会として建てられた建物です。
外観はお寺のお堂のように見えますが、中に入ると正面に十字架、左右に木製のベンチが並んでいる、和風の礼拝堂です。
現在は建物が残されていますが、ミサは行われていません(結婚式はあったと伺いました)
彦根城の中壕のすぐ近くにあったのですが、近年道路拡張のために取り壊れることになり、そこで「保存を」と訴えた町内外の有志の方の手によって解体移転したものだということです。

教会なのに靴を脱いで入るのですが(この辺りもお寺風)、中の雰囲気がすごく面白いのです。窓の形もお寺と同じ、天井も格天井。なのに壁の腰板の部分に葡萄が彫刻されていたり、祭壇の使徒(天使?)が木彫で彫られていたり。なんだか和と洋が入り混じってて興味深いです。
外観が完全に和風なのは、お城との景観を考えての事かもしれませんね。

何でここへ行ったかと言うと、ここの教会のスペースを借りる事も可能だそうで、松風工房の工房展をここでやるか~?と下見に行ったわけですにゃ。うんうん、おもしろそうだべ♪
いつやるかはまだ未定ですが、決まったらまた書きますね。

テーマ:建築
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
お~あそこですね!!
なつかしや~。
この建物がまだないとき(再建されてないとき)に
何十年ぶりに彦根を訪れたのは、ねこてさんの
ご紹介で夢京橋にお伺いしたのでした。
それからは、仕事でも似顔絵でもよく訪れるようになり、
去年からは、息子がお膝元の学校でお世話になってる
こともあり、ものすご~~く近い場所になりました。
そんなきっかけの場所です。
でも、ここは再建の前には足しげくかよいましたが
再建されてからは、前を通るだけ・・
一度じっくり拝見していたいです。
2010/03/28(Sun) 08:11 | URL  | れんくみ #-[ 編集]
☆れんくみさん
再建されてとっても綺麗になりましたよ。回りも公園みたいになったし。
石のベンチに座って、お城の天守閣を眺めるのにもいい空間です。
冬以外は土日はだれでも見学できるので、ぜひ見てみてください。

あの界隈も変わりましたね。昔は夕方に人なんか歩いてへんかったのに(笑)ひこにゃん効果はすごいです。
2010/03/28(Sun) 18:38 | URL  | ねこて #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可