2010年10月26日 (火) | Edit |
101026.jpg

先日から作っていた「どんぐりと山猫」の切り絵がやっと完成しました。これはモノクロの作品。

山猫の判事と、小男の馬車別当、少年、どんぐりたちが出てきます。
物語を絵にするのって大好きですが、人が作った設定のものを絵にするのはけっこう難しいですね。文章の中に服装や雰囲気など書き込まれていますから、その雰囲気を壊してはいけないし、でもそういうのに囚われすぎて説明的な絵になるとつまらないし。
今回は「どんぐりたちが小さくて、山猫は奈良の大仏のようだった」というような一文からイメージして作品を作りました。近江八幡のイベントに展示するのでよかったら見てやってください。


今日見た変な夢…

きのうはナギさんが出てきましたが、今日はサンマ。
サンマの丸干しを買ったんです。いつも伊勢に行くと売っています。サンマの丸干し。塩漬けのサンマ(内臓もそのまま)を丸まま干しただけのものですが、開きよりもジューシーでなかなか美味しいです。

でも、夢の中で買ったサンマ…150cmくらいありました。太さはあのままでやたら胴長のサンマ…
それぶら下げて殿様に見せて、「ねえ、どうやって焼く?」って相談して、耐火レンガで長い炉を作って、細長く炭をいこして煙もうもうさせながら焼いた夢です。ちなみに1470円でした。けっこう高いね(笑)

なんだか妙な夢が続くなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可